コミュニケーション研修とコミュニケーション研究 byコミュニケーション研究家藤田尚弓

人間関係をよくするコミュニケーション

仲良くなりたいとき

返答に困ったらこう返せ!タバコ吸う?と訊かれたときの答え方

もしあなたがタバコを吸っているとして、まだ親しくない相手から「タバコ吸う?」と恐る恐る確認されたら、なんと答えるのが正解だと思いますか?質問した相手はもしかすると、タバコを吸う人が大嫌いかも知れませんし、実は愛煙家かも知れません。答え方によっては距離をおこうと思われてしまうかもしれない局面での模範解答例をご紹介しています。
コミュニケーションには知恵も必要。この答え方はタバコだけでなく「お酒飲む?」といった質問にも応用が効くので、覚えておくと便利かも知れません。

■関係が浅い時期の質問対策としておススメ →記事を読む

アドリブはNG!?記憶に残る自己紹介の作り方

「自己紹介なんてその場で考えればいいや」「適当でいいだろう」と思っていませんか? よほど自分のアピールをし慣れた人ならともかく、その場で上手に自己紹介を作れる人は少数派です。基本的に自己紹介は聞き流されやすいです。記憶に残る、次に繋がる自己紹介を事前に作っておきましょう。基本の自己紹介に入れる3つのポイント、好印象を得るための裏ワザなどをご紹介しています。はじめましてのシーンを控えている人はぜひ。

■印象に残る自己紹介ができるようになりたい人におススメ →記事を読む

相手との距離を縮める!敬語の崩し方

初対面の人と話すのは敬語。でも仲良くなる過程で少しずつ敬語を崩していきたいと思うこともありますよね。 皆さんはどんなタイミングで敬語を崩していますか?年齢が年下だとわかった瞬間にタメ口になるという人もいるようですが、なんだか それも残念な感じです。敬語をやめて距離を縮めたい。でもどうしていいかわからない。そんな人のために、尊敬の気持ちを示しつつ 敬語を崩していく方法をご紹介しています。

■敬語からタメ口への移行にとまどうあなたにおススメ →記事を読む

第一印象での失敗は取り戻せる?

準備不足や照れ、失敗などで残念な第一印象を持たれてしまうことってありますよね。第一印象の失敗は取り返せるのでしょうか。第一印象での失敗を挽回し、ギャップを見せることで印象をアップする方法について解説しました。やらかしてしまった人の参考になれば幸いです。

■第一印象で失敗してしまった人へ →記事を読む

困ったときの伝え方

よりよい人間関係のための断り方の極意

依頼や誘いを断らなければならないあなたのために、丁寧な断り方、断り文句などについて解説! ビジネスシーンで断るときの決まり文句、様々なシーンに使える断り方の基本公式の他、残念な気持ちを伝えるバリエーション、NOと言わずに断る裏ワザ、断っても印象をアップできる魔法のセンテンスも紹介。なかなか聞けない「断る理由の嘘について」「もう誘われたくない時の断り方」についても網羅しました。これで断りのアウトラインはバッチリです。

■断りベタなあなたにおススメ →記事を読む

嫌悪感情は伝える?伝えない?

生きていれば、相手に対して嫌悪感情を持ってしまうこともありますよね。そんな時、その感情を伝えるべきなのか、黙っていたほうがいいのかは悩むところ。皆さんはどうしてるでしょうか。いい関係を継続するためには、ネガティブな感情も伝えたほうがいい場合もあります。具体的のどんなケースでは伝えたほうがいいのか、嫌悪感情を4つのタイプにわけで解説しました。いい人間関係を継続するための参考にしていただければ。

■嫌だなという感情を伝えられないあなたに →記事を読む

話しかけないでオーラの出し方と隠し方

人に話しかけられるのは基本的に嬉しいものです。しかし、集中しているときに話しかけられる、本来やるべきでない仕事を頼まれる、そのくらい自分で調べろよ! という質問をされる……などなど、話しかけられたくないケースは少なくありません。この程度の小さな迷惑ならともかく、デート中に元カノに遭遇してしまった! 出身地を偽って働いているキャバクラに地元の知り合いが来てしまった! といった、絶対に話しかけてほしくないケースもあるでしょう。無神経な人たちからの悪意なき攻撃。そこから身を守る「話しかけるなオーラ」はどう出せばいいのでしょうか。非言語コミュニケーションの観点からマジメに考察してみました

■話かけにくいと言われてしまう人にもおススメ →記事を読む

イイ人過ぎる「こじらせさん」に要注意!

自分が犠牲になって相手のために動いているのに、感謝されない人はいませんか? 恋人や友達と何かを決める時。自分の意見を押し殺して譲っているのに、あたりまえのように振る舞われていませんか? 自分が我慢すればと譲っているのに感謝されない人がいるのは、どうしてなのでしょうか。 コミュニケーションの取り方に問題がある場合も多いのですが、あなたが良かれと思ってしたことが相手の負担になっているケースもあります。親切にされたほうは「いろいろしてくれるけれど、なんだか悪いな......」といった感情(負債感)を抱きます。イイ人過ぎるこじらせさんは、自分勝手に行動したほうが人間関係がうまくいく場合もありますよ。

■イイ人過ぎるこじらせさんにおススメ →記事を読む

  • 一般公開セミナー
  • WEBライティング研究会
  • ブラッシュアップ倶楽部

藤田尚弓プロフィール

藤田尚弓への講演依頼について

企業研修について

企業研修の実績

ホームページ制作の株式会社アップウェブ

藤田尚弓へのお問い合せはこちら