コミュニケーション研修と研究について監修藤田尚弓

研修項目

研修 体験型コミュニケーション研修

まずはゲームでの模擬体験で「知りたい気持ち」「うまくいく方法を知りたい気持ち」を持ってもらうことから研修はスタートします。その後に改善のための理論を学び、学んだ知識を現場に落とし込む構成になっています。座学だけの研修ではなく、参加体験型の研修ですので、学ぶことが苦手な方々にも安心してご参加いただけます。 すべての研修で、事前に現場の課題をヒアリングし、オーダメイドのプログラムを設計しております。

コミュニケーション研修一覧 Communication training

相手タイプ別 接客コミュニケーション研修 対象:販売、サービスなど接客業の方

お客様に好印象を抱いてもらうためにはどのようにすればよいのか。接客接遇の基本から、よりよい信頼関係を築くためのコミュニケーション、クレーム対応まで、接客で押さえておきたいことを網羅したコミュニケーション研修です。 相手のタイプに合わせた会話のバリエーションが増えるため、顧客に合わせた応用が可能になります。

接客コミュニケーション
相手タイプ別 営業力アップコミュニケーション研修   対象:営業職の方

新規開拓に強くなるために必要な、突破口の作り方、好印象を抱いてもらう方法、ヒアリングと提案のためのコミュニケーションなど、営業に必要なコミュニケーションスキルを学ぶことができる研修です。新人営業の方はもちろん、成績をアップさせたい方向けにもカスタマイズしています。相手に合わせてアプローチを選べるようになるので成果が出やすいです。具体的な数値目標をお預かりして、中長期的な改善を行うプログラムも承ります。

営業力アップコミュニケーション
パワハラ・セクハラを防ぐコミュニケーション研修 対象:管理職の方

褒めと叱りの教育には、部下のモチベーションを下げる、新たな挑戦をしなくなるといったデメリットがあることが報告されています。ストレス耐性のない部下の場合、メンタルヘルスの低下に繋がりますし、伝え方によってはパワハラと受け止められてしまうこともあります。雑談のつもりがセクハラになってしまうというケースもあります。管理職が知っておきたい、注意の仕方や励まし方など、ハラスメントを起こさないためのコミュニケーション研修です。

ハラスメント防止研修
女性営業向け セクハラに遭わないための研修 対象:女性営業職

営業職の女性がセクハラに遭わないようにするためには、最低限知っておくべきコミュニケーションの知識があります。セクハラをさせない距離感を保ちつつ好印象を持ってもらうポイント、咄嗟のときの対応フレーズなど、女性営業が必要な知識を身に着けます。ストレス対処の方法についても触れますので、離職率低下にも効果があります。

セクハラに遭わないための研修
タイプ別 クレーム対応研修 対象:接客やサービス業に携わる方

一口にクレームと言っても様々なケースがあります。基本的な対応について学ぶのはもちろんですが、相手の怒りポイントを見極めるための質問、信頼を回復するためのコミュニケーションなどをタイプ別に学ぶ研修です。怒りの感じ方、許しや納得に繋がる心理などをゲームを通して学ぶため、咄嗟の対応がしやすくなります。

タイプ別クレーム対応研修
謝罪会見・コメント指導 対象:公の謝罪コメントが必要な方

謝罪がどのように受け止められるかは、選ぶ言葉や非言語コミュニケーションに影響を受けます。質問にはどのように答えればいいのか、情報開示はどこまでするのかなど、謝罪会見のための指導をいたします。想定質問集の制作だけでなく、お詫び広告、ホームページでの謝罪まで一気通貫で承れます。 緊急案件もご相談ください。

タイプ別クレーム対応研修

研修事例   Example

女性向け研修
都内の上場企業様にて女性向け研修を実施。コミュニケーションとフォロワーシップについてゲームやワークを取り入れながら行った。
その後、懇親会にて個別相談に対応。参加人数約80人。

官公庁研修の実績
都内の上場企業様にて話し方・伝え方の研修を実施。オープン参加。
コミュニケーションプロセス、印象形成、認知のゆがみなどについて、ゲームやワークを取り入れた体験型で行った。参加人数約20人。

保険会社 企業研修 講演 実績
保険会社様の女性営業職向けに研修を実施。営業を助けるコミュニケーション、ストレスを緩和するセルフトークについての講義をを行った。
参加者の人数が多いため、日程を分けて2回実施。参加人数約200人。

銀行 お得意様向け講演 実績
地方銀行様にて、お得意様向け講演を実施。
経営者が知っておきたいコミュニケーションを中心に、ゲームやクイズを取り入れ、参加型で行った。参加者約50名。

メーカー 経営者向け講演 実績
メーカー様主催の会にて、販売店様向け講演を実施。
「おもてなし」をテーマに、モノが売れない時代の接客接遇、働く人たちのモチベーションを下げないための評価方法など。参加者約50名。

研修実施までの流れ  flow

1: 問い合わせフォームからコンタクト
  • フォームに必要事項を記入
  • 依頼内容で「研修」をチェックして送信
矢印
2: 日程の仮押さえ
  • フォーム送信後すぐに自動返信メールが来る
  • 翌営業日に担当者から連絡
  • 希望内容、実施場所、希望日などをお聞きして日程を仮押さえ
矢印
3: 日程の決定
  • 研修実施日を確定
  • 正式発注
矢印
4: 講師ヒアリング
  • 研修プログラム設計のためのヒアリングを実施
  • 現在の問題点やご希望を伺いプログラム設計に反映
矢印
5: プログラム調整
  • 講師よりレッスンプランを提案
  • 修正希望などプログラムを調整
矢印
6: 研修実施当日
  • 指定の場所時間に伺います
  • 講師・アシスタントの2名体制で対応します

よくある質問 Special Thanks

研修をお願いしたいのですが、費用はいくらぐらいになりますか

規定の一日研修費に交通費(宿泊が必要な場合は宿泊費も含む)をプラスした金額になります。
お電話で概算をお知らせいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

交渉研修を検討しています。一日研修で効果は出るのでしょうか

効果がより出やすいのは二日間研修ですが、一日研修でも違いを感じていただけると思います。時間や費用の制限がある場合、半日研修のバージョンもご用意しており、導入された企業様からは好評をいただいています。まずは現状のお悩み、求められるゴールなどをお気軽にご相談ください。

予算が限られているのですがお願いできないでしょうか

官公庁、学校などの団体の場合、予算に合わせて提案をさせていただいております。

マナー研修をお願いできますか

マナー研修は承っておりません。

研修・講演実績 Special Thanks

成城大学・ 早稲田大学・ 慶應大学・ 津田塾大学・ 法政大学大学院・ 城西国際大学・ 東京コミュニケーションアート専門学校・ スクールオブビジネス東京・ デジタルハリウッド大学 三井住友銀行グループSMBCコンサルティング・ 大和住銀投信投資顧問株式会社・ 株式会社栃木銀行・ 株式会社LIXI・ 横浜ゴム株式会社・株式会社NTTデータ・ 株式会社テレコムスクエア・ 株式会社サンケイリビング新聞社・ 株式会社日本経済新聞社・ 日産自動車株式会社・ ホクト株式会社・ 日本生命保険相互会社・ ジブラルタル生命保険株式会社・ 株式会社オールアバウト・ 株式会社トレンダーズ・ 宮城県警察本部・茨城県鉾田警察署・ 山形青年会議所・ 公益財団法人東京都農林水産部振興財団・ 日本制作金融公庫・ JA東京みらい農業協同組合・マインズ農業協同組合狛江支店 倫理法人会独立行政法人雇用・能力開発機構・ 商工会議所・ 大垣青年重役会・ 公益財団法人三重県宅地建物取引業協会・ 一般社団法人PMI日本支部・ 三木青年会議所・ 一般社団法人日本コミュニケーションデザイン協会・ 倫理法人会・ 三井不動産株式会社・ 日本テレビ放送網株式会社・ 全国酪農協同組合連合会・ 葉山国際カンツリー倶楽部・ プレデンシャル生命保険株式会社・ 株式会社AOIインターナショナル・ 株式会社日新堂・ 沼津商工会議所・ 赤坂ひよこ会・ 早稲田大学校友会名古屋稲門クラブ・ 茨城青年日経会・ 成田コスモポリタンロータリークラブ・ 上尾商工会議所・ 日本コミュニケーションデザイン協会・ 株式会社オールアバウト・ 那須野ヶ原倫理法人会・ 一般社団法人PMI日本支部
…他多数(※順不同/敬称略)

ページトップへ